PAGE TOP
Travel Column (旅行コラム)
2 / 3123

動画でバングラー通り(Bangla road at Phuket Patong beach)全てをおさめてみました。プーケットの中でも一番にぎやかな通りで、観光客も夜になるとこの通りのバーなどにたくさん集まります。 http://youtu.be/nIrP43YNBRw... 

▼続きを読む

JALのラウンジは国内線各空港にあります。 国内線は下記空港になります。 ・新千歳、仙台、成田、羽田、小松、中部、伊丹、関西、岡山、広島、松山、福岡、熊本、宮崎、鹿児島、那覇 上記の中で、共有ラウンジ(他社との共有ラウンジ)は「中部」「岡山」「宮崎」です。 またダイヤモンド・プレミアラウンジは「羽田」にあります。 ラウンジに入れる会員ステイタスや搭乗クラスについては、JALのホームページで確認するとして、今回は伊丹空港のラウンジの紹介です。 大阪国際空港(伊丹)のサクララウンジはゲートを通ったあとの18番搭乗口付近前にあります。 [caption id="... 

▼続きを読む

HCJ2014、第42回国際ホテル・レストラン・ショーに行ってきました。ホテルとレストラン業界のショーですが、初めてでした。 会ってお話しさせていただいた方、貴重なお時間をありがとうございました。参考にして、サイト内でも応援させていただきたいと思っています。 今回は、IT関連から、お茶、だし、割り箸など色々な業界の方のお話を聞くことができました。またベッドメーカーさんとも話が出来たので、ホテルや旅館に入っているベッドなどもコラムに掲載する予定です。 お楽しみに。... 

▼続きを読む

天河神社(天河大辨財天社)の牛王神事(牛王宝印神符頒布祭[ごおうほういんしんぷはんぷさい])は、古来から伊勢神宮、熊野神宮と共に日本の「三大牛王神事」 として1300年以上の歴史のある神事です。 この度、参加させていただく機会を頂いたので、行ってきました。 折しも、日本列島は寒波襲来の中でしたが、神事の日の早朝は細雪、でも、神事の時間になると日が差し、神事に。お誘いいただいた方や、民宿の方々、同宿の方々、そして社のみなさまに感謝。 頂けるお札は厄除けの護符です。 今年は心機一転、新しいことに本格チャレンジです。... 

▼続きを読む

オンライン旅行会社のエクスペディアは2013年度の有給休暇国際比較調査を行い、24か国の18歳以上有識者男女で今年の結果を発表しました。 それによるとなんと日本は6年連続で世界最下位ということだそうです。 有給の支給日数は大幅にアップしているのに、消化率は変わらないという結果に。 ちなみに日本の平均は支給日数18日に対して、消化日数は7日。 トップのフランス、ブラジルは支給日数30日に対して30日の消化日数というから100%の消化です。 さらに日本は消化日数が0の人の割合が17%とこれもワースト1位。 もう一つ仕事の満足度が60%しかないのも特長のようです。 いずれにしても日本人の有給消化率を増やして、もっとホテルや旅館に宿泊してみませんか。そうなると一気にホテルも旅館も足りなくなってしまうかも知れませんけれど。 詳細はエクスペディアのサイト、有給消化率へどうぞ。... 

▼続きを読む

海外から日本へ来る外国人客が、今年12月20日に年間1000万人を突破、1000万人突破は初めてで、政府は今年の1000万人目標を達成したそうだ。 今年は政府の対策で、タイやマレーシアなど東南アジア5か国のビザ発給要件緩和や円安で割安感が出たことなどが追い風となり、台湾、タイなどの伸びが顕著だったようで、ますます海外からの客人を受け入れる体制作りが重要になってきそう。... 

▼続きを読む

旅フェア2013池袋に行ってきました。11月8日から10日まで東京池袋サンシャインシティで行われたのですが、日本各地のどんぶりを味比べする、「全国どんぶり選手権」なども開催されとても賑わっていました。どんぶりは京都府向日市の「向日ゆる辛丼」を頂いたのですが、なかなかの美味。関西では既にメジャーになっているらしいのですが、関東の知名度が低いため、参加したとのこと。 他に温泉水を実際に触ってぬるり感を確認できたり、燕三条のステンレススプーンの磨き体験など、なかなか充実したイベントでした。 ... 

▼続きを読む

毎年、週刊「観光経済新聞」から発表されている、「にっぽんの温泉100選」ですが、今年の中間順位が発表されました。すでに投票は締め切られましたが、今年の中間順位は、長年1位だった「草津温泉」を抑え、大分の「湯布院温泉」が暫定で1位になっているようです。「湯布院温泉」は前年は3位でした。 今年の中間順位(1位〜10位)は下記の通りです。  1位 湯布院温泉(大分)、昨年3位  2位 草津温泉(群馬)、昨年1位  3位 指宿温泉(鹿児島)、昨年5位  4位 登別温泉(北海道)、昨年2位  5位 別府八湯温泉(大分)、昨年9位  6位 道後温泉(愛媛)、昨年7位  7位 黒川温泉(熊本)、昨年4位  8位 下呂温泉(岐阜)、昨年6位  9位 有馬温泉(兵庫)、昨年8位 10位 和倉温泉(石川)、昨年12位 中間順位をみると、20位以上ランクアップしているのは下記の温... 

▼続きを読む

今さらですが、国内旅行業務取扱管理者の資格を取得しました。独学ですが、好きなことなので比較的勉強は楽しく、今後も更に磨きをかけたいと思っています。... 

▼続きを読む

 温泉の定義については理解していただけたと思います。温泉法という堅苦しい定義ですから文章もかたいのですが、イメージはできるでしょう。 実質主義な方はどちらかというと、温泉の定義よりもむしろ、泉質やその温泉の適応症についてが気になることと思います。実際、ここの温泉は○○に効く、と言われるとそれで出かける方も多く、また、古くから温泉は長期間の宿泊で体調を整えるために利用されてきました。  そこで、やはり温泉に行くなら、行く前にその地の温泉の泉質と適応症を知っておくと、プラシーボ効果も相まって、気持ちもリフレッシュ出来ると思いますので、ここでしっかり記述しておきたいと思います。温泉の定義と同様、環境省の1次情報をもとに記述します。  泉質と適応症ですが、実はこの2つは深い関係があります。 そもそも環境省の資料によると、温泉の適応症決定基準は、「温泉の医治効用は、その温度その他の物... 

▼続きを読む

 日本は温泉天国ですが、温泉の泉質について少しだけ、考察してみたいと思います。温泉については先輩諸氏が、泉質から何から色々な専門書があるくらいたくさん情報がありますが、ちょっと泉質について整理してみようかと思いました。 私も温泉はとにかく好きですが、あまり泉質にこだわっているわけではありません。 でも、透明のお湯よりもなぜか濁った湯の方が体に効きそうとか、そんな感じがしないでもない。では実際どうなのか、温泉にも泉質や効能など書かれていますが、実際何が基準なのか、そこを整理してみましょう。  ここでは全て1次情報である環境省のデータから定義を考えてみます。環境省はサイト内に「温泉の保護と利用」というページがあり、そこに温泉の定義など必要な情報が掲載されています。その中で温泉の定義や泉質の定義ももちろん掲載されています。  まず、温泉の定義です。これは昭和23年に制定された温泉... 

▼続きを読む

東京お台場で行われる「JATA旅博(たびはく)2013」ビジネスが始まりました。一般は14日と15日。筆者も行く予定です。日本も世界各国も観光地を紹介するイベントは楽しみです。今年は世界では台湾やインドネシア、タイなどに注目したいと思います。日本では地方でインバウンドに興味がある町を探してみたいと思います。... 

▼続きを読む

シンガポールのホテルレポートが全て完成しました。シンガポールのホテルはとてもクオリティが高かったのが印象的ですが、同時にかなり高い宿泊料でした。... 

▼続きを読む

シンガポールから帰国して、ただいまシンガポールのホテルの部屋のレポートを作成しています。 最後にマリーナベイではどこがベストかなども、書こうと思っているので、お楽しみに。... 

▼続きを読む

シンガポールNATASですが、日本ブースはなかなか盛況でした。みなさん観光誘致にがんばっておられます。他の地域ももっと参加して盛り上げたいですね。 シンガポールの方々が興味あるのは、雪や忍者、などなど日本の文化や季節にまつわるものが多いようです。 京都などはブースが無いのですが、あえて海外にももっとアピールしてもいいかもしれません。今回は台湾がとても力を入れていて、NATASに入ったら台湾ブースです。SMRTの駅などでもPR... 

▼続きを読む

シンガポールの前に成田で一息、さっそくコラムを書いたので、15日にアップします。ホテルストーリーです。 でも、やっぱり成田のホテルは慣れたところがいいなと今回思いました。 さらにリニューアルでパワーアップしていたのも良かったです。 こちらの部屋も近々、紹介します。... 

▼続きを読む

来週2013年8月第3週はシンガポールでNATAS Holidays 2013が開催されます。私もそれに行って、アジアの旅行事情を勉強していきます。その結果などはまたサイトでご紹介しようと思っていますので、お楽しみに。 http://www.natastravelfair.travel/front.php シンガポールは世界の情報が集まる国です。 そこで世界の旅行事情をみなさんに報告するのが今から楽しみです。 現地のホテルも転々として、サイトにも紹介するので、こちらもお楽しみに。... 

▼続きを読む

今年も大事にしていただいている先生からお誘いいただき、箱根神社、九頭龍神社の湖水祭に参加させていただきました。 今年は高張提灯を湖まで持つという大役も仰せつかりました。大変ありがたく持たせていただきました。先生、箱根神社・九頭龍神社の関係者のみなさまありがとうございました。 さすがに緊張しますね。名前を呼ばれると「おおーっ」というかけ声をかけるのですが、一回勝負なので、とにかく緊張です。なんとかうまくできました。... 

▼続きを読む

筆者「綾乃丈」は、箱根神社の湖水祭に参加するために、箱根に行ってきます。夜が遅くなりそうなので、前から気になっていた、箱根のあるホテルに行ってきます。このホテルもまたサイトに掲載しますので、お楽しみに。... 

▼続きを読む

パラオ共和国(Republic of Palau)といえば、親日の国で有名なのですが、パラオは小さな島々が多く、それも特長的な形なため、「南ラグーンのロックアイランド群」としてユネスコの世界遺産に登録されています。とはいえ登録されたのは2012年でごく最近です。文化遺産、自然遺産として登録されていますが、お椀を逆さにしたような形の山形の小さな島が無数にあり、これらがパラオのイメージを形作っています。 日本からパラオに行くには、直行便だとかなり近く、4時間半で行くことが出来ます。ただ、定期便がデルタ航空しかないのがとても残念です。日本航空は夏などの期間に直行のチャーター便を就航しています。パラオに行くにはこの直行便、特にこのチャーター便で行くことを強くおすすめします。 グアム経由もありますが、とにかく時間がかかること、乗り継ぎがあるので10時間から12時間もかかります。この時間であれ... 

▼続きを読む

Travel Column > へ戻る

2 / 3123