PAGE TOP
How to Use(サービスの使い方)

■How to Use(サービスの使い方)
「hotelroom.jp」(ホテルルームドットジェーピー)サービスはホテルや旅館の部屋の紹介をするサービスです。
本サービス管理者がホテルや旅館を選択する際に、無かった情報をできる限り詳細に提供していくものです。

情報提供にあたっては下記の点にご留意いただければ幸いです。

◆部屋の情報について
・ホテルや旅館の部屋の情報
 ネットでのホテルや旅館の情報に困ったことはありませんか?
 「予約サイトで検索、いいなと思って予約したけれど、現地に着くと思い描いていたものと違っていた」
 「部屋に入ってアメニティをみると、予約サイトの情報と異なるアメニティだった」
 「部屋の眺望が予約サイトのイメージと違っていた」
 「口コミサイトの情報とサービスが異なっていた」

上記はほんの少しですが、予約時の不安要素です。
予約サイトではホテルや旅館を1つとして捉えるため、一つ一つの部屋の情報が網羅されているわけではありません。
また従業員のサービスなど人に寄って異なる対応があることも事実です。
つまり詳細の情報までは公平な形で提供出来ないのが事実でしょう。
一方口コミサイトでも参考になりますが、お客様の目的や年齢層、旅行形態により、評価は異なります。
うまくそれらをより分けて目的に応じた口コミを提供しているサイトもありますが、それにも限界があります。

そこでなるべく良質な情報を提供するにはどうすればいいか、その情報を提供しようと考案したのがこのサイトのサービスです。
ホテルや旅館の部屋はとても大切です。食事以上に大切な要素だと思います。
食事は個々の嗜好による判断が大きいため、今回はしないこととしました。

・紹介の見方
 部屋の情報は断りがあるものをのぞいて、全て管理者本人が宿泊したときの情報です。時間経過により若干変わる可能性はありますが、その時点で一番正確な情報を掲載するよう努めています。
 基本的に部屋の写真を多く掲載しています。できるだけ部屋の大きさ、状態、インテリア、眺望など部屋の要素を確認してもらいたいからです。
またホテルや旅館の施設など基本情報はすべて、当該のホテルや旅館のサイトに掲載されている情報をできる限り用いています。
そのため、部屋の広さなどはタイプ別に詳細を並べていますので、参考になるかと思います。
またインバウンドも重視し、外国人観光客の方も参考になるようなサービス掲載を網羅しています。
アメニティやホテルの設備などは全て実際に確認したもののみ掲載しています。行ってなかったということはホテルや旅館の変更以外には無いものと思います。

・星の表について
 部屋の紹介の最後に星評価を入れています。星の数は基本的にそのホテルや旅館の宿泊した部屋のみの評価が基準です。ホテルや旅館の全般は「ホテルや旅館の施設」「全体の接客・サービス」ですが、こちらもそのときのサービス内容のみの評価なので、次回に行くと評価が変わるかも知れません。その点はご注意ください。そのときに不満に思わない場合は基本的に評価基準はあがります。

またホテルや旅館の部屋の紹介なので、号室によって評価はかなり変わります。同じホテルや旅館でも心地よさが違うように、かなり変わるため、同じホテルや旅館でも複数掲載することがあります。
その際は部屋の号室によって判断していますので、ご参考下さい。

◆Evaluation of this Hotel & Japanese Ryokan room
○部屋の快適度(comfortable)
 部屋の全体的な快適さや空調などに加えて、部屋にいてくつろぐことできるかなどを数値化しています。

○部屋の使い勝手(useful)
 部屋の家具などの配置、テレビの位置、備品の配置、ネット回線や電源プラグなどの位置など、使いやすさやわかりやすさなどを数値化しています。

○部屋の清潔度(cleaned)
 部屋のにおいやほこりっぽさ、目立つところでゴミなどがあるかどうか、部屋の壁紙などの新しさや清潔さを数値化しています。

○ベッド、布団の熟睡度(sleeping)
 ベッドや布団の寝心地、枕の具合、寝ているときの外部の音などを熟睡度として数値化しています。

○ホテルの施設、旅館は温泉施設(入浴施設)、泉質、その他の施設の充実度(institution)
 部屋には直接的な関係は無いけれど、ホテル内でスパやジム、プールなどの充実した施設があるか、それぞれが手入れが行き届いているかなど、施設の充実度を数値化しています。旅館の場合、部屋だけではなく、温泉の場合は温泉施設とそのサービス、泉質、その他くつろぎの施設なども重要な要素です。この項目ではこうした旅館特有の施設に比重をおいて充実度を数値化しています。

○部屋のアメニティ・備品(amenity/fixtures)
 部屋を使う上で、それぞれのスペース(ベッド部分、バスルーム、トイレ、デスク等)で必要なアメニティや備品が揃っているかを数値化しています。(ハウスキーパーやフロントでオーダーしなければいけないものは除きます)

○全体の接客・サービス(reception/service)
 チェックインチェックアウト時のフロントなどのサービスの印象、他の従業員の接客、正確な情報がもらえるか、リクエストにどのように対応してくれるか。また部屋に関係するサービス(無料ミネラルウォーターなどがあるかなど)が充実しているかなどを数値化しています。

○部屋の価格/広さ/料理(price and room size, meal)
 ホテルの部屋では、価格に比較して広さがどうか、必ずしも大きさだけでは無く、感覚的に広く内装や家具の配置であるかなどを数値化しています。旅館の場合、1泊2食が基本のところが多いので、モデル宿泊約款における室料相当分(1泊2食2人分の70%を基準)で価格対部屋の広さを相対的に評価しています。食事付きの場合は価格に見合った食事かどうかもこの基準に入れています。

○部屋の上品さ、旅館は部屋の格式度、日本文化体感度(elegant)
 部屋や家具・備品・調度品類、アメニティ類が上質であるか、またそれらが部屋やホテルのイメージに合っているかを数値化しています。旅館の場合は施設の歴史や日本文化が感じられるかなどを数値化しています。旅館全体のイメージも含みます。

○部屋のおこもり度(be in the room)
 部屋にいて、ゆっくりできるかどうか、部屋で過ごしたくなるかどうかなど、部屋の居心地の良さを数値化しています。ルームサービスやバスルームの充実、室内露天風呂の有無やその大きさ、冷蔵庫内のドリンクの充実、映画やDVDなどの充実、旅館では、布団等の場合はその上げ下げが室内にいる間に行われるかどうかなどが関係します。

*チェック項目は基本的にホテルや旅館そのものでは無く、その部屋を中心とした採点です。部屋が変わる場合は同じホテル、旅館でも採点が変わる場合があります。

・その他のコンテンツについて
 国内外のホテルや旅館の部屋の紹介の他、旅行に出かけた際のコアな情報を掲載していきます。
 ガイドブックなどには無い情報を網羅することで、旅行がスムースに、できるだけ不必要なトラブル無く、楽しくなるお手伝いが出来れば幸いです。

・利用される方へのお願い
 できる限り情報は正確に、また詳細情報を網羅したいと思いますが、時間の経過等で情報が変わる可能性も多々ございます。参考にされる際は最新の情報にもご留意下さいませ。
 またこんな情報が欲しいという旅行に行ったときに必ず思う情報などがあれば、遠慮無くこちらにメールを下さい。
 今後の情報提供の参考にさせて頂きます。

Have a nice Trip !