PAGE TOP
New Hotels Information (新しいホテル、旅館情報)

京都河原町に「ホテルグランバッハ京都」が2014年4月開業へ

京都市の中心に位置する四条河原町ですが、その四条河原町近くに新しいホテルが出来る情報が入りました。その名も「ホテルグランバッハ京都」。ホテルマネジメントを手がける株式会社グリーンホスピタリティーマネジメント(本社東京新宿区)が自社初ブランドとしてオープンさせる。
ホテルの立地は良く、四条河原町交差点からは徒歩約2分程度(約300m)、阪急河原町駅出口からは約1分という立地で、四条通り(東西)と麩屋町通り(南北)に面しています。
30代女性を意識したターゲット層を中心に、インバウンド個人観光客、ビジネスニーズにも対応したいということで、デザインも洋室の他に和室も備える予定。
発表資料による写真ではホテルの部屋はツインタイプが一番多く、ハリウッドツイン型のようだ。和室もシンプルなものですが、インバウンド取り込みにはこうした和室を予め準備するというのは、日本の文化を伝えるためにも多いに役立つと思います。
部屋は画像では広くなく、またバスタブを置かない部屋もあるということで、日本人にはバスタブは欲しいですが、東南アジア客にはシャワーだけでもニーズは満たすと思われるので、ここも思い切った割り切りでしょう。

ただ、シャワーだけでもホテルには付帯施設として大浴場を置く予定のようで、大浴場があれば、ベーシックなニーズは日本人でも大丈夫だかも知れません。

今京都では様々な形のホテルや旅館、ゲストハウスなどがオープンしています。京都市内は大規模な開発が出来ない地区が多いため、このような小さなホテルや旅館で、旅行者のニーズにこたえる施設が今後多くなることを期待したいと思います。

ホテルの概要はこちら
所在地:京都府京都市下京区四条通寺町西入奈良物町363番地
開業日:2014年4月開業予定

敷地面積:433.78平方メートル、延床面積:4008.23平方メートル
地上10階、地下1階
総客室数(部屋数):120室(ダブル7室、ツイン82室、デラックスツイン22室、和客室:ダブル4室、和客室:ツイン1室、バリアフリールーム1室、スイートルーム3室)(予定)
付帯施設:レストラン、大浴場
客室料金:9,000円台〜50,000円台

« »

New hotel information > へ戻る