カテゴリー別アーカイブ: Japan West Hotels

オキナワマリオットリゾート&スパ(沖縄県名護市), Okinawa Marriott Resort & Spa(Nago-shi, Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「オキナワマリオットリゾート&スパ」です。
オキナワマリオットリゾート&スパは沖縄本島の北部に位置する名護市にあります。名護の中でも市街地ではなく、少し南の西海岸地域のリゾートホテル地域にあります。ホテルを巡るバス便も空港から出ていますが、北部の場合はできればレンタカーなどで行くと、観光もしやすくなるでしょう。

ホテルオークラ神戸(兵庫県神戸市), Hotel Okura Kobe(Kobe-shi, Hyogo-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ホテルオークラ神戸」です。ホテルオークラ神戸は港町神戸のメリケンパークにあり35階建ての高層ホテルです。神戸を代表する港で、メリケンパークにはポートタワー、海洋博物館、震災メモリアルパークなどがあり、人気のスポットの一つです。徒歩圏には元町、神戸中華街、モザイクショッピングモールなどもあるので、観光の拠点としてはとても使いやすい場所です。

ホテルオリオンモトブリゾート&スパ Vol.2(沖縄県国頭郡本部町), Hotel Orion Motobu Resort & SpaVol.1(Motobu-chou, Kunigami-gun Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」のVol.2施設紹介編です。Vol.1は部屋紹介編になります。
ホテルオリオンモトブリゾート&スパの第2回施設紹介編です。沖縄本島北部の国頭郡本部町にある大型リゾートホテルでオリオンビールが開発したホテルです。オリオンとしては那覇市の国際通りにあるホテルロイヤルオリオンに次いで県内2つ目のホテルになります。
施設数は豊富です。アウトドア、インドアプールはもちろん、クラブウイング宿泊者専用のプールもあります。レストランの種類も多く、幅広いジャンルのものを楽しめます。また大きな特長の一つに館内に温泉があり、女性には嬉しいタラソスパも完備、その他、会議室、宴会場、カラオケルームがあり、ウェディングも可能です。ホテル内に琉球庭園と名付けられた沖縄らしい庭園が散歩できるようになっています。大型ホテルとしてはまだ十分とは言えない部分もありますが、沖縄らしいホットなサービスを受けることが出来ます。

ホテルオリオンモトブリゾート&スパ Vol.1(沖縄県国頭郡本部町), Hotel Orion Motobu Resort & SpaVol.1(Motobu-chou, Kunigami-gun Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」のVol.1部屋紹介編です。Vol.2は施設編(次回アップ)になります。
ホテルオリオンモトブリゾート&スパは沖縄本島北部の国頭郡本部町にある大型リゾートホテルです。現在沖縄北部に行く交通手段は、運転免許を持つほとんどの人はレンタカーが主流ですが、バス便も便利になっています。バスは那覇空港から出ている「やんばる急行バス」があり、乗り換えなしでホテルまで行くためとても便利です。ホームページもわかりやすいので是非検討してみてください。レンタカーを使わない人はこのバスの発着に合わせて飛行機の便も決めておくと良いでしょう。料金はホテルまで1人片道2000円なので、沖縄のリピーターでホテル滞在をメインにする人は安く、運転の必要もないので選択肢に入ってくると思います。空港からホテルまでは2時間20分くらいです。高速バスと路線バスを乗り継いで行くこともできますが、慣れない旅行者にはお勧めしません。少しマニアックな旅をしたい人には那覇空港から那覇港まで行き、そこから本部港までフェリーで行くということもできます。

西表島ジャングルホテルパイヌマヤ(沖縄県八重山郡竹富町), Iriomotejima jungle Hotel Painumaya(Taketomi-chou, Yaeyama-gun Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「西表島ジャングルホテルパイヌマヤ」です。
西表島ジャングルホテルパイヌマヤは、西表島のホテルとしては古く、当時は西表島温泉を併設していましたが、現在では温泉が枯渇し、ジャングルホテルとしてコンセプトを新たにしています。アクセスですが石垣島空港から路線バスかタクシーで約30分、路線バスの場合は「バスターミナル」で下車し徒歩で3分ほどの石垣島離島ターミナルからフェリーに乗船します。そこからフェリーのチケットを購入して西表島の大原港へ行き、島の路線バスか予約が必要なホテルのバスで向かいます。フェリーの欠航などは台風シーズンなどは多いので、必ず行く前にホテルへの行き方を問い合わせるとよいでしょう。

石垣島ホテルククル(沖縄県石垣市), Ishigakijima Hotel cucule(Ishigaki-shi Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「石垣島ホテルククル」です。石垣島のホテルは大きく分けて3つのカテゴリがあります。施設の揃ったリゾートホテル、施設は少ないけれどプライベートリゾートを楽しめるホテル、そしてビジネスホテルです。それぞれ観光目的によって選べばいいのですが、今回のホテルは3つめのビジネスホテルです。ビジネスホテルと言ってもそこは石垣島、リゾート観光のためのビジネスホテルといった感じのホテルが多いようです。その中の一押しのホテルを今回は紹介します。

星野リゾートリゾナーレ西表島(星野リゾートニラカナイ西表島)Vol.2(沖縄県八重山郡竹富町), Hoshino Resort Resonare IriomotejimaVol.1(Taketomi-chou, Yaeyama-gun Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「星野リゾートリゾナーレ西表島(星野リゾートニラカナイ西表島)」のVol.2施設紹介編です。Vol.1では部屋紹介編を紹介しています。
星野リゾートリゾナーレ西表島は、沖縄県八重山諸島の石垣島からフェリーで約50分の西表島にあります。行き方の詳細はVol.1で紹介しています。このホテルの施設ですが、どちらかというと、リゾートにしては施設は少なく、島でのんびりあまり動かずに滞在するか、アクティビティに参加して、ホテルは休憩又は就寝だけという使い方になると思います。
西表島は八重山諸島の中では一番大きい島になります。周囲が約130キロメートル、面積は284.4平方キロメートル、東京23区の半分くらいの大きさになります。そのほとんどが亜熱帯植物の森で覆われているため、集落はわずかな面積しかないのが特長です。集落は島の東側を除いた海に面した部分のみです。

星野リゾートリゾナーレ西表島(星野リゾートニラカナイ西表島)Vol.1(沖縄県八重山郡竹富町), Hoshino Resort Resonare IriomotejimaVol.1(Taketomi-chou, Yaeyama-gun Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「星野リゾートリゾナーレ西表島(星野リゾートニラカナイ西表島)」のVol.1部屋紹介編です。Vol.2では施設編を紹介します。
星野リゾートリゾナーレ西表島は、沖縄県八重山諸島の石垣島からフェリーで約50分の西表島にあります。石垣島空港からは路線バスかタクシーで約30分、路線バスの場合は「バスターミナル」で下車し徒歩で3分ほどの石垣島離島ターミナルからフェリーに乗船します。星野リゾートリゾナーレ西表島は西表島の上原港から近く、送迎バスが上原港からホテルまで出ています。通常全ての時間帯で送迎がありますが、念のため乗船する時間が決まったらホテルに連絡しておくと確実です。また台風などで上原港が使えない場合は大原港からの送迎も臨時で出ることがありますので、フェリーの時間や天候には十分注意が必要です。

星のや竹富島Vol.2(沖縄県八重山郡竹富町), Hoshinoya Okinawa TaketomijimaVol.2(Taketomi-chou, Yaeyama-gun Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「星のや竹富島」のVol.2施設紹介編です。
星のや竹富島の部屋紹介はVol.1でしていますので、そちらをご覧下さい。今回は星のや竹富島の施設や周辺についての紹介です。星のや竹富島は大型ホテルにあるような施設はほとんどなく、必要最小限の施設しかありません。大きく分けてレセプションの建物、ラウンジ棟とレストラン棟、プール、スパ、見晴台、あとは点在するヴィラタイプの部屋となります。基本部屋でのんびりというホテルなので、仕方ないのですが、それぞれをまとめてみましょう。

星のや竹富島Vol.1(沖縄県八重山郡竹富町), Hoshinoya Okinawa TaketomijimaVol.1(Taketomi-chou, Yaeyama-gun Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「星のや竹富島」のVol.1部屋紹介編です。
星のや竹富島は、沖縄県八重山諸島の石垣島からフェリーで約15分の竹富島にあります。石垣島空港からは路線バスかタクシーで約30分、石垣島離島ターミナルからフェリーに乗ることになります。石垣島からレンタカーを使う場合は、レンタカー会社での手続きなども必要なので、十分時間に余裕を持って行くと良いでしょう。離島ターミナルには有料の駐車場があります。フェリーは基本的に当日のチケットしかないので、ターミナルについてからいくつかあるカウンターでフェリーチケットを購入して乗船します。乗船前にはホテルに何時に乗るかを伝えておくと竹富島に到着してからスムースに星のや竹富島のホテル送迎バスに乗車できます。時間帯によっては連絡は必須(14:15〜17:45は送迎有ですがそれ以外は連絡必要)になるので、予め確認しておきましょう。

ウィンディ・アース・サイレントクラブ[Windy Earth SILENT CLUB](沖縄県石垣市字桃里), Windy Earth SILENT CLUB(Aza Touzato, Ishigaki-shi Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ウィンディ・アース・サイレントクラブ[Windy Earth SILENT CLUB](沖縄県石垣市字桃里)」です。
ウィンディアースサイレントクラブは、正式には英文字表記で「Windy Earth SILENT CLUB」となっています。看板等も同じ表記です。場所は石垣島の空港から車で約20分ほどの場所にあり、敷地は2500坪、部屋数は3つのスモールホテルです。空港からは国道390号線を北へ進み、集落に「星野共同売店」が右手に見えたら、そこから約800メートル先を右に曲がります。小さな看板があるので付近に来たらゆっくり進んで見落とさないようにすると大丈夫です。タクシーでもなかなか知っている人は少ないようなので、「伊野田小学校の手前の小さいホテルで、結婚式もできるところ」というとわかる人も多くなるようです。

ホテルセトレ神戸・舞子Vol.2(兵庫県神戸市垂水区), HOTEL SETRE MAIKO KOBEVol.2(Tarumi-ku, Kobe-shi Hyougo-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ホテルセトレ神戸・舞子」のVol.2ホテル紹介編です。
ホテルセトレ神戸・舞子はVol.1でも紹介したとおり、建築も美しいホテルです。今回はホテル内部とこのホテルの特長の1つである海を望むチャペルなども紹介していきます。
ホテルのホームページには写真画像のギャラリーなどもありますが、この紹介では宿泊ゲストがいかに楽しく、きれいな写真を人物と一緒に撮れるかなどもみてみたいと思います。

ホテルセトレ神戸・舞子Vol.1(兵庫県神戸市垂水区), HOTEL SETRE MAIKO KOBEVol.1(Tarumi-ku, Kobe-shi Hyougo-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ホテルセトレ神戸・舞子」のVol.1部屋紹介編です。
ホテルセトレ神戸・舞子は、港町神戸の西に位置し淡路島が目の前に見えるロケーションの舞子にあります。アクセスはJR神戸線「舞子」駅または山陽電鉄「舞子公園」駅を下車し、海側の国道を目指します。改札口を出ると海側に出て、1階に下り国道2号線まで歩きます。国道に出ると海を見て左に進み、途中で横断歩道を渡りそのまま海沿いに5分ほど歩くと右手の海側にホテルが見えてきます。車だと国道2号線沿いなのでわかりやすいと思います。JR舞子、山陽電鉄舞子公園は共に神戸の中心地、三宮から電車で約20分、神戸空港からは三宮までポートライナーで行き乗り換えます。

ハイアットリージェンシー大阪(大阪府大阪市住之江区), Hyatt Regency Osaka(Suminoe-ku, Osaka-shi, Osaka-fu)

今回紹介するホテルの部屋は「ハイアットリージェンシー大阪」です。ハイアットリージェンシー大阪は大阪南港にあるシティリゾート型のホテルです。最寄り駅はニュートラム「中ふ頭」駅から徒歩5分程度ですが、ホテルのアクセスで便利な交通機関は、ホテルの無料送迎バスです。1つは大阪地下鉄中央線「コスモスクエア」駅を下車し、出口左手の停留所から送迎バスで5分程度です。この送迎バスは8時から20時45分まで15分間隔です。もう1つはJR大阪駅桜橋出口を右手にいったJRの高架下にあるバス停からも送迎バスが8時半から22時の間で30分間隔で所要時間は約30分程度です。(毎0分、30分発)また関西国際空港からは有料リムジンバスが国際線到着ロビー前3番乗り場から大阪南港行きが出ています。ホテル玄関前でも停まります。所要は約50分です。

ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート Vol.2(沖縄県国頭郡恩納村), Hotel Monterey OKINAWA SPA & RESORT Vol.2(Onna-son, Kunigami-gun, Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」です。今回は第2弾、ホテルの施設を中心にご紹介します。部屋に関しては前回を見ていただくとして、今回は多くの施設があるこのホテルの魅力を中心にお伝えします。

ザ・ビーチタワー沖縄 Vol.2(沖縄県中頭郡北谷町), The Beach Tower Okinawa Vol.2(Chatan-chou, Nakagami-gun, Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ザ・ビーチタワー沖縄」Vol.2です。
沖縄県の本島の北谷町にあるホテルです。今回はVol.2でザ・ビーチタワー沖縄の施設を中心に紹介します。ホテルは主にホテル棟と温泉施設の2つに分かれています。ホテル棟にはホテルショップ、ブッフェレストラン、バーベキュー施設、ミニ動物園、宴会場、駐車場などの施設があり、温泉施設棟には「Terme Villaちゅら〜ゆ」として温泉、プール、リラクゼーション施設、沖縄料理レストランが入っています。
温泉はナトリウム炭酸水素塩泉で、ちゃたん恵み温泉美浜の湯という源泉名です。この温泉お湯がとても良く、入るとぬるぬるした肌にまとわりつくような感覚の温泉で、この効果で体も冷めにくく、肌はつるつるになります。是非入ってもらいたい温泉です。

ザ・ビーチタワー沖縄 Vol.1(沖縄県中頭郡北谷町), The Beach Tower Okinawa Vol.1(Chatan-chou, Nakagami-gun, Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ザ・ビーチタワー沖縄」Vol.1です。今回は部屋を中心に紹介します。Vol.2ではホテルの施設などを中心に紹介します。
沖縄県の本島の北谷町にあるホテルで、那覇空港から比較的近いので、気軽に利用できるホテルです。一番の特長は温泉付きで、ビーチからすぐの立地のため、ショッピングモールも徒歩ですぐにあるというアクセスの良さです。家族でも、カップルでも楽しめるスポットの中にあります。天然温泉は「Terme Villaちゅら〜ゆ」というホテルの外の施設で、宿泊客は利用できます。ナトリウム・炭酸水素塩泉で、肌がつるつるになる女性にも嬉しい温泉です。

ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート Vol.1(沖縄県国頭郡恩納村), Hotel Monterey OKINAWA SPA & RESORT Vol.1(Onna-son, Kunigami-gun, Okinawa-ken)

今回紹介するホテルの部屋は「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」です。モントレグループの初めての沖縄の大型リゾートホテルです。モントレのデザインは都市部では部屋は狭いけれど、お洒落な感じが特長的でしたが、リゾートホテルは部屋は広く、ゆったりとして施設も充実しているところが特長的です。ハード部分も、ソフト部分もこれからまだまだ期待したいホテルです。

いぶすき秀水園2[ホテル秀水園、指宿秀水園](鹿児島県指宿市、指宿温泉), Ibusuki Shuusuien Vol.2(Ibusuki-shi, Kagoshima-ken, IBUSUKI ONSEN)

今回紹介するホテル・旅館の部屋は鹿児島県指宿市にある「いぶすき秀水園」です。旅行サイトでは「ホテル秀水園」や「指宿秀水園」と表示されていますが、公式サイトでは「いぶすき秀水園」となっていますので、このサイトではこちらを使用します。さて、今回は第2回で、いぶすき秀水園の大浴場や食事などを中心に紹介したいと思います。

指宿白水館(鹿児島県指宿市、指宿温泉)2, Ibusuki Hakusuikan Vol.2(Ibusuki-shi, Kagoshima-ken, IBUSUKI ONSEN)

今回紹介するホテルの部屋は鹿児島県指宿市にある「指宿白水館(いぶすきはくすいかん)」の第2弾です。2回目は施設や食事についての紹介です。部屋の紹介や交通機関などの情報は1回目の紹介を参照ください。