PAGE TOP
Travel Column (旅行コラム)
3 / 3123

京の夏と言えば、思い浮かぶのは祇園祭と五山送り火です。 祇園祭は7月1日から始まり、31日に終わる、1ヶ月もあるお祭りです。その中で特に14日から16日までの宵山、17日の山鉾巡行が観光客も楽しめるとあって、街は大賑わいとなります。この祇園祭、京都の中心部と八坂神社がメインです。歴史は平安時代869年、京に疫病が流行した際に当時の国の数66国の数字から66本の鉾を立てて、祇園の神を迎え祈ったことが始まりだと言われています。 この祇園祭が終わると、京都は夏の静けさとなり、今度は先祖をお迎えする準備に入ります。 そのクライマックスが五山送り火です。送り火という名前からして、迎えるのがあるのではと思った方はその通り、正解です。 このお迎えに深く関わっているのが、六道さんと呼ばれている、六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)です。平安時代、京の人々は亡骸を鳥辺山(とりべやま)へ送りました... 

▼続きを読む

海外のホテルでは日本のホテルの習慣と違い、日本であたりまえと思っていたことがまったく通用しないということは多々あります。(ありすぎるくらいです) 誰でもが違うと思うことの一つにアメニティの種類があります。 日本のアメニティには歯ブラシと歯磨き粉のセットがビジネスホテルでも必ずと言っていいくらいあると思います。 でも、海外のホテルにはかなり高級なホテルチェーンの部屋でも歯ブラシと歯磨き粉のセットはおいていないところが多いと思います。 最初は困りますね。もちろん準備良く、地球の歩き方などのガイドブックを読んで、持ち物リストチェックをして、入れておく人もたくさんいるでしょう。 でも、日本と同じように考えている人は、これを忘れがちです。 そうすると、まずホテルについて、夜に歯磨きとなったときに大慌て、ということになってしまいます。 それを知っていても、忘れてしまうことは結構あ... 

▼続きを読む

Travel Column > へ戻る

3 / 3123